保育理念・保育目標

保育理念

  • 健康・安全などの生活に必要な基礎的な習慣を養い、生命の保持および情緒の安定を図ります。
  • 人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てるとともに、自主性や協調性の心を養い道徳性の芽生えを培います。
  • 保育生活の中で様々な体験を通じ、豊かな感性を育て想像力・思考力の芽生えを培います。

保育目標

  • 健康および安全など生活に必要な基礎的習慣がわかる子ども
  • 知育(あたま)・徳育(こころ)・体育(からだ)がバランス良く成長する子ども
  • 思いやりを持ってみんなと仲良く遊べる子ども
  • 季節の行事等を取り入れ、日本の文化を大切にする子ども
  • 四季を通じて自然を学び、命の大切さがわかる子ども
  • 異年齢との関わりを保育に取り入れることで、尊敬する心や人を労わる気持ちを持てる子ども
  • 保育生活の中で、言葉への興味や関心を育て、自分の言葉で話すことや人の話を聞き理解しようとするなど、言葉の豊かな子ども
  • 日常保育のみではなく、行事の実施により様々な体験を通し豊かな感性や表現力を育み想像力豊かな子ども

運営基本方針

児童福祉の理念に基づき、次の理念・目標・運営方針の下、一人ひとりの子どもたちの人権を尊重し、互いの存在を認め合う心豊かな子どもの健全なる育成に向けた保育を行うとともに、子育てに関する保護者への相談・ケア等も行い、地域における保育や子育てに寄与します。「児童福祉法」「児童憲章」「子どもの権利条約」「新保育所保育指針」に基づき、保育理念、保育目標の実現を目指した保育・運営を行います。また、子ども一人ひとりを大切にし、保護者からも信頼され、地域に愛される保育施設を目指し、地域および社会貢献に尽力いたします。

その他、次の方針を持って運営に取り組みます。

  • 専門性を有する職員が相互連携をし、組織的に保育に取り組みます。
  • 家庭と保育施設が相互に理解し合える支援体制を整えます。
  • 子どもを年齢で画一的にとらえず、育ちの継続的な理解として発達過程を大切にします。
  • 保育内容は、豊かな人間形成を目指して心の芽生えを培えるよう常に養護と教育の一体的な取り組みを行います。
  • 保護者と、地域の子育て家庭に対する支援を行います。

3つの特色


遊びの中で考える力を、楽しく
自然と身につけていきます。

人との触れ合いの中で思いやり、
助け合いの心を育みます。

丈夫な体づくりのために、
外遊びをたくさんします。

企業主導型保育事業

対象者

  • 提携企業(企業枠)にお勤めの従業員のお子様
  • 地域枠地域にお住まいの方

園長あいさつ

思いやりの心を大切に育み、笑顔あふれる保育園に

子ども一人ひとりの心に寄り添い、毎日の保育の中で「必要とされている」「認めてもらえた」と感じられるように。

保育士が丁寧に関わり見守ることで、自主性・自律性を育みます。そして、安心でき る環境の中で実体験を重ね、自信へと繋げていき、「生きていく力」を育てていきた いと思っています。

異年齢保育の中で子どもたちの思いやりの心を育み、時にはくやしい思いも味わいな がら、年上の子へのあこがれを抱くことで「頑張ろう」とする気持ちが育ちます。

大家族のような毎日の生活の中で保護者の皆様と共に楽しみ、 共に育ち合う保育園でありたいと思っています。